東横線 都立大学駅│目黒柿の木坂リウマチ・内科クリニック│アレルギー科│花粉症

都立大学駅 徒歩3分

診療予約はこちら

お電話でもご予約頂けます。予約なしでも診療できます。 0337240515

アレルギー科

花粉症などのアレルギー疾患を診療

花粉

当クリニックでは、花粉症などのアレルギー物質によって引き起こされる疾患の診療を行います。「花粉症かな?」と思われたら、お気軽に受診してください。

花粉症

マスク

花粉症とはアレルギー性鼻炎・アレルギー性結膜炎の一種で、植物の花粉が原因となって、目の痒み・異物感・充血、涙、立て続けのくしゃみ、鼻みず、鼻づまりなどの症状を引き起こす疾患です。意欲や集中力が低下し、生活の質(QOL)が大きく損なわれてしまうこともあります。
原因物質としてはスギやヒノキの花粉がよく知られていますが、これら以外にもアレルギーを招く植物には、シラカンバ、ハンノキ、カモガヤ、イネ、ブタクサ、ヨモギほか、たくさんの種類があります。
治療は、抗原回避(花粉などのアレルゲンを近づけない環境整備)と薬物療法が中心になります。薬物療法には、主に下記のような方法があります。

花粉症の薬物療法

内服薬

花粉の飛散が始まる2週間前(症状の出る前)から飲み始めます。症状が出てから薬を飲み始めるのに比べ、症状が軽く済むことが多いというデータがあります。特に鼻みず、くしゃみが強いタイプの人には効果的です。

鼻スプレー(点鼻薬)

鼻炎症状を抑える効果が強く、全身への影響が少ないため、鼻炎症状が強い人には内服薬に加えて局所スプレーを併用します。

目薬(点眼薬)

目の症状を抑えますが、全身への影響が少ないため、内服薬に加えて点眼薬を併用します。